第1回 プロローグ~国内MBAとUSCPA~

キャリア

一念発起して、国内ビジネススクールに通っていたときに、その実務家講師がいました。海外MBAホルダーであり、同時にUSCPAライセンスを持つ外資系事業会社のCFOでした。物腰はやわらかく、それでいて何やら圧倒的な説得力でした。

別に、海外MBAが、もしくはUSCPAが、人を作るわけではないと思います。それでも、その方の講義を受けていくなかで、ただのパートタイムMBA生でしかなかった自分もいつかああなりたい、と憧れた、2006年の春の出来事でした。

その後、国内MBAを修了し、約10年以上の月日が経って2019年にUSCPAの全科目合格を果たしました。

このブログでは、

今、国内MBA※もしくはUSCPAに、あるいはその両方に挑戦している方々、挑戦するかどうか考え中の読者の方々に、

  • 私自身の経験をお伝えして情報価値を提供できればと思います。
  • また、自身のこれまでのキャリアを振り返りつつ、国内MBAやUSCPAがどう役に立ったか(立たなかったか)を共有します。
  • これからのキャリアで国内MBAとUSCPAを両輪としてどう歩むか、歩めるかアウトプットして共有します。

※国内MBA:このブログでは、日本で仕事をしながら、夜間や週末のパートタイムでビジネススクール(大学院)に通い、経営管理修士号を取得するプログラムを国内MBAとしています。仕事を辞めて、あるいは社内留学で海外のビジネススクールで経営管理修士号を取得する海外MBAとは異なります。

ぜひ読者の方から質問等もお受けいたします。コミュニケーションを通じて、より有用な情報価値の提供し、挑戦している読者の方を応援していきます。同時に、そのコミュニケーションを通じて、私自身は読者の方からの刺激をいただき、学びとなるという相乗効果を期待しています。

次回以降は、直近で合格したUSCPAについてアップしていきます。