第49回 USCPAへの道(プロメトリックテストセンター臨時閉鎖期間の延長)

USCPA

<<第49回の主な対象読者>>

・USCPAの近々受験予定の方、すでに受験申し込みをされている方

・縁あって、このブログにたどり着いてくださった方!

<<本編>>

第42回でプロメトリックテストセンター(日本)の臨時閉鎖をアップしましたが、現在も閉鎖が続いています。

2020年5月22日付で、プロメトリック(日本)から新たなアナウンスが出ています。ウェブサイトによると

「 5月21日に政府より発表された緊急事態宣言の一部解除を踏まえ、継続して緊急事態宣言の対象となる地域(下表グループA)につきましては、感染拡大防止への社会的責任、受験者の皆様および試験監督員の安全・健康面のリスクを考慮し、記載のとおり臨時閉鎖期間を延長させていただきます。 」(本文抜粋)とのことです。

臨時閉鎖期間は、緊急事態宣言が5月22日時点で継続している東京が「5月31日(日)」まで、緊急事態宣言が解除された大阪は「5月26日(火)」までのようです。

※予定は変更になる可能性があるので最新の情報収集に努めてください。

http://it.prometric-jp.com/news/news_detail.asp?news_no=5937

<ウェブサイトのキャプチャ>

USCPAは、対象試験に具体的に記載されてはいませんが、「米国プロメトリックWebサイトにてオンラインサービスを提供中の試験」に該当することになると推測されます。

USCPA/米国公認会計士 国際資格 アビタス

試しに、Prometricのウェブサイトから期間中のSeat availabilityを検索してみましたが、東京会場は6月22日以降で空きが検索でき、大阪会場は6月12日以降で空きを検索できました。但し、この検索結果が上記の臨時閉鎖期間情報を反映したものかどうかは不明です。

また、私は大阪会場で受験したことはないので、状況の認識に誤りのある可能性がありますので、詳細はぜひご自身でご確認ください。

世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大で、USCPA受験に関わる臨時措置がいくつかとられています。いずれも以前にアップしていますが、

・Q2Windowが6月10日までのところ6月30日まで延長

・4月1日から6月30日までの間に有効期限が切れるNTSは、9月30日

・(多くの州で)4月1日から12月30日までに有効期限を迎えるクレジット(科目合格)の12月31日まで延長(州によって措置が異なりますので十分に留意してください)

日本では、新型コロナウイルス感染症の拡大は鈍化傾向にありますが、一方で、何かと受験作戦(全体計画)の変更が迫られる環境です。勉強そのものももちろん大切ですが、受験作戦が早期の合格の鍵を握っていると思います。工夫をしながら受験スケジュールを最適化し、勉強を進めて合格を目指しましょう!