第17回 USCPAへの道(受験結果の取得)

USCPA

<第17回の主な対象読者>>

・USCPAを学習中で近々受験を予定されている方、受験が終わって現在Score release待ちの方

・縁あって、このブログにたどり着いてくださった方!

<<本編>>

さて、今回は受験結果の取得についてです!

手応えはどうあれ、受験結果を待つ期間というのはどきどきしますよね。手応えがあっても、パスしてないかも。手応えがなくても、もしかしたらパスしてるかも、等々ですね。私は、4科目いずれも手応えはないか、五分五分と思っていましたが、次の科目の学習をしつつも、早く受験結果が出ていないかと待ち遠しかったものです。試験発表日数日前から、NASBAのサイトに日に何度かログインしたりしていました。

受験結果(Score release)の日程はAICPAのウェブサイトに掲載されています。https://www.aicpa.org/becomeacpa/cpaexam/psychometricsandscoring/test-windows-score-release.html

<Testing Window 20Q1のキャプチャ>

Testing windowの試験日程によって、Score releaseまでの期間が異なります。受験後、最短で1週間程度、長いと2週間超で結果が出ます。ScoreはNASBAのCPA Examのサイトにログインして確認できます。

NASBAのCPA Centralからでも確認できますが、

https://cpacentral.nasba.org/

CPA Examのほうがいち早いです。少し時間差があり、CPA Centralにも反映されます。

そして、何よりお勧めはNASBAのTwitterをフォローしておくことです。

このTwitterでは、Score releaseのタイミングをあらかじめ発信してくれます。

こんなツイートが出るとまもなくです。

CPAExam candidates! Waiting for your score(s)? They will be released tonight by 11 p.m. CST. Good luck!

CSTは米国中部標準時で日本とは約15時間差です。上記CST23時ですと、日本時間14時ですね。

そしてポイントは、AICPAで予定しているスケジュールよりも早くリリースされることもある点です!

私の経験では、最短でスケジュールより2日くらい前にリリースされたこともありました。

ですので、いちはやく結果を確認して、次なる1手を打ちたい方には、NASBAのTwitterのフォローがお勧めです。なお、Score releaseだけではなく、いろいろと受験に役立つ情報発信もあります。例えば、AICPAからのTest sampleリリースに関する情報発信や、試験各科目のBlue printなどです。

受験結果を確認し、合格していれば次なる受験科目への学習に集中やNTS発行依頼、残念ながら不合格であれば、再受験のためのNTS発行依頼や勉強の開始などの手を打ちます。Prometric Centerの受験会場予約というアクションもあるでしょう。

いち早く受験結果を確認することは、次なる一歩への大事なプロセスです!

次回は、全科目合格後のライセンス取得に向けてをアップします!